成人矯正について

成人矯正

成人になってから行う矯正治療では日常生活にも配慮をしています。特に社会人として仕事や人付き合いがある成人にとっては日常生活への配慮は必要です。当院では矯正治療で目立つ金属のブラケットを目立ちにくいクリアブラケットやマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置に変更も可能です。

目立たない表側矯正

目立たない矯正装置

当院では標準で目立たないクリアブラケットを導入しています。透明なプラスチックタイプ、セラミック製の白いタイプがありご希望により選択いただいております。

ブラケットやワイヤーが金属製のため矯正治療中に他人の目も気になったという人は是非クリアブラケットに変更してみてはいかがでしょうか。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)

インビザライン

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は透明で目立たないマウスピース型装置(アライナー)を使った矯正治療方法です。装置が目立たず口元に近づいてよく見ないと装着していることも気付かれません。世界的な普及率・認知度も高く、これまで全世界で累計310万人以上がマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)治療を受けられています。

2週間毎に形が徐々に変化している新しいマウスピースに交換しながら、歯を数ミリ単位で移動させていき理想の歯並びに近づける矯正治療の方法です。マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)は自由診療となり、健康保険対象外です。

こんな理由で矯正治療を躊躇していた方へ

インビザラインと従来の比較
  • 仕事の関係上、目立つ装置はつけられない
  • 食事が制限されてしまうのが嫌
  • 日常生活が不便そう

上記のような方へ最適な矯正方法がインビザラインです。

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のメリット

インビザライン気付かれない
  • 透明で目立たない、ほとんど周囲に気付かれない
  • ブラケットやワイヤーに比べ唇や頬への違和感や不快症状がほとんどない
  • 取り外すことが簡単、今まで通りの食事が可能
  • 取り外して歯磨きが出来る為、清掃性が高く虫歯のリスクを軽減
  • 術前に3D動画で治療完了までの歯の移動をシミュレーションできる
  • 医療用プラスチック製で金属アレルギーの心配がない

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)のデメリット

  • 取り外しが出来る分、1日に20~22時間以上装着していないと治療計画通りに治りにくいことがあります。(もしくは治らない)
  • ワイヤー矯正に比べると費用は割高(完全オーダーメイド装置の為)
  • 重度の症状によっては対応できない場合もある
  • インビザラインやアソアライナー、クリアアライナー等のカスタムメイド矯正装置完成物は完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります

マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザライン)の費用

400,000~1,296,000円(税別)

小児矯正について

小児矯正

矯正治療を小児の時期から始めておくとどのようなメリットがあるのでしょうか。小児の時期に歯並びが悪くなる大きな原因に「癖」があります。

小児のうちは食べ物を飲み込むための筋肉が発達しておらず、舌を突き出し口腔内を陰圧にすることで飲み込む「乳児型嚥下」を行います。

この嚥下方法が成長とともに抜けないで残存していると「舌突出癖」として歯並びに影響を与えてしまいます。そうした癖を除去し正しい歯並びにすることが小児矯正治療が可能です。

矯正歯科医が担当する

矯正治療は一度始めてしまうと治療費は高額で、治療期間もかかります。そこで矯正治療を得意としてしっかりと治療できる歯科医師に治療を任せなければいけません。

当院では矯正歯科ドクターが矯正治療を担当します。

矯正歯科治療のリスク・副作用など

  • 矯正歯科治療は、ワイヤーやブラケット、マウスピースなどの矯正装置を歯に装着し、装置を交換・調整しながら歯牙の移動を促し、歯並びや咬み合わせを改善する治療方法です。
  • 矯正歯科治療は自費診療となり健康保険対象外です。
  • 矯正治療中は、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯周病(歯肉炎)のリスクが伴います。そのため、医院でのブラッシング指導、ご本人の毎日の歯ブラシをしっかり行っていただく必要があります。また虫歯の定期検診やフッ素塗布などを推奨しております。
  • 装置装着後と通院における装置調整後は、歯の移動により1~3日ほど痛みを伴うことがあります。痛みの時間や感じ方には個人差があります。
  • 矯正装置の装着・着脱動作中に痛みや咬合状態の変化による不快感・違和感を生じる場合があります。感じ方には個人差があります。
  • 成人矯正では治療中に歯の移動に伴う歯茎退縮や歯根吸収が生じる場合があります。
  • 歯の移動に伴い、装置から余分なワイヤーが出ることがあります。そのため内頬を傷つけることがまれにあります。その場合はワイヤーの調整やカットを随時行います。
  • 小児矯正では、お子さんが無意識に装置を外したり壊したりしてしまうことがあります。
  • 小児の取り外し式の装置(可撤式装置)ではお子さんご本人・保護者の方の協力を得られないと治療計画通りに治らないことがあります。
  • 極端に硬い食べ物などを召し上がる場合など、装置が外れたりすることがあります。装置への負担を軽減するため、極端に硬い食べ物は避けるようにしてください。
  • 繊維質の食べ物は、装置にひっかかり飲み込みづらくなることがあります。
  • 舌側矯正の場合、装置の装着直後は発音・滑舌に影響が出ることがあります(慣れることで徐々に改善されます)。
  • 個人差によっては歯が後戻りをすることがあります(移動した歯は元の位置に戻ろうとします)そのため治療終了後も保定装置(リテーナー)を一定期間正しくつけることを忘れずにお願いします。
  • マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(インビザラインやアソアライナー、クリアアライナー等)では1日に20~22時間以上装着していないと治療計画通りに治らないことがあります。
  • インビザラインやアソアライナー、クリアアライナー等のカスタムメイド矯正装置完成物は完成物薬機法対象外(薬機法未承認)の矯正歯科装置(医薬品)であり、承認医薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

ご予約・お問い合わせ

03-3206-0648

【平日】9:00~13:00 / 14:30~19:00
【土曜】9:00~13:00 / 14:00~17:00
【日祝】休診

東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」徒歩3分
都営浅草線「宝町駅」徒歩3分
東京メトロ有楽町線「新富町駅」徒歩8分

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目12−8

診療時間
土曜午後は14:00~17:00