Tooth Create Tokyoでは部分入れ歯・総入れ歯の治療・製作についても定評をいただいております。現在お使いの入れ歯の調子がよくない、サイズが合っていない気がする、外れやすい、痛みや違和感、インプラントはしたくない…等々、入れ歯の調整から製作までお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

入れ歯の種類

保険の入れ歯(レジン床)

レジン床

保険診療で製作する義歯の歯茎や入れ歯の床に相当する部分はレジンと呼ばれる合成樹脂で作られます。色はピンク色なので歯茎と同化しやすいですが強度の関係で肉厚な設計にしなければいけません。残っている歯と固定させるためには金属のバネをつけて残っている歯にかけて使用します。

保険の義歯は歯科医院に常備されている材料で修理・製作できるのでもし割れてしまっても比較的すぐに修理できます。

まずは保険の入れ歯から

保険の入れ歯から

どの素材の入れ歯がいいですか?」とよくご質問を受けます。入れ歯が初めての方には、まず保険のレジン素材(プラスチック製入れ歯)を推奨しています。

それは、最初から良い自費材料の入れ歯を使っていただいたとしても、保険と自費の比較が分からず、自費素材の良さが分りにくいためです。

新橋と大阪の分院では、口コミ・ご紹介で多くの入れ歯の患者さんが新規製作や調整でお見えになられています。入れ歯でお悩み・お考えの方はお気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険診療で製作する入れ歯と異なり金属のバネがないので審美性に優れます。しかし、金属材料という「耐久性」のある材料がないので作り変える期間が短く数年単位で新しいノンクラスプデンチャーを製作しなければいけないこともあります。

また、噛んだときの安定感は金属のバネがついている方があるので少数の人目につきやすい部位に適しています。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは患者様の残っている歯に金属の被せ物を装着し、その金属と入れ歯が茶筒と同じ原理ではめ込むことを言います。歯に被せる金属はコバルトクロムという金属を使用します。

コバルトクロムは金属アレルギーの患者様でも安心して使用出来る金属です。茶筒を想像してもらえば分かりますがはめ込むときは簡単ですが、取り外すときはゆっくり取り外さなければいけません。

金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯とは上顎と接触する部分が金属でできているものです。金属は強度があり薄い設計に製作できます。上顎と接触する部分は薄い設計にできると異物感や嘔吐反射の発生を少なくできます。さらに金属は熱を通しやすいです。

保険の義歯では合成樹脂なので熱を通しにくいです。それに比べ金属を使用して熱を通しやすくなったので熱い飲食物で口腔内や喉を火傷するリスクが減ります。

マグネット式デンチャー

マグネット式デンチャー

アタッチメント義歯の金属に磁性のある金属を加え、金属と義歯がマグネット式に取り外しできる入れ歯のことです。磁性のある義歯なので金属バネの疲労や金属の腐食などのリスクを心配しないで済みます。患者様の残っている歯を利用できるので抜歯する必要がありません。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントを利用し、それを固定源として固定する入れ歯です。インプラントスクリューのネジ山とチタン金属が骨に馴染む性質を利用して強固に固定されますので、入れ歯がずれにくく安定します。

⇒当院のインプラント

ご予約・お問い合わせ

03-3206-0648

【平日】9:00~13:00 / 14:30~19:00
【土曜】9:00~13:00 / 14:00~17:00
【日祝】休診

東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」徒歩3分
都営浅草線「宝町駅」徒歩3分
東京メトロ有楽町線「新富町駅」徒歩8分

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目12−8

診療時間
土曜午後は14:00~17:00