歯周病予防

歯科衛生士

歯周病にならないためには予防処置が必要になります。歯周病の原因細菌は歯と歯茎の間にある「歯周ポケット」と呼ばれる溝の中で増殖するので、歯周ポケットの清掃が必要です。

自宅で患者さんが行う歯磨きだけでは歯周ポケットの中まで清掃できません。そこで歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が行う歯周ポケットの清掃が大切になります。当院では経験豊富なトレーニングを積んだ歯科衛生士による丁寧な清掃で改善を計ります。

歯周ポケットは通常2ミリほど間隔が空いていますが、加齢とともに深くなっていきます。歯ブラシの毛先が歯周ポケットの中に入っても1ミリ程度で完全に清掃することはできません。歯科医院では超音波を使用して歯周ポケット内の汚れや細菌をかき出して清潔に保ちます。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療をするときも予防と同じように歯周ポケットの清掃を行います。歯周病は完全に治療するというより、症状の進行を止めることをメインに治療していきます。

症状の進行を止めるためには歯周ポケットを清潔にする必要があります。症状が進行している場合は症状に対する対処療法を中心に行います。歯にぐらつきが出ている場合は、噛み合わせの調整や歯を固定することもあります。

歯周病の進行で歯茎がやせ細っているときや骨が溶けてしまった場合は移植や再生療法も視野に入れる必要があります。

再生療法と歯周外科手術

再生療法

歯が虫歯になって治療するときはプラスチックの詰め物をすれば修復出来ます。しかし、歯茎や骨は修復物で修正できません。そこで利用されるのが再生療法と歯周外科治療です。

歯周外科治療の中にある再生療法では溶けてしまった骨や痩せてしまった歯茎を増殖させます。歯茎に関しては外観から触れやすく、見た目を気にする前歯部分には移植を行いできるだけ目立たないような工夫をします。

当院では歯科医師が歯ぐきの形成・再生など特殊なトレーニング・実績を積んでおり、さまざまな歯周病治療に対応しています。

歯周病とは?

歯周病とは

歯周病の原因は細菌です。歯茎の中で細菌が増殖することで、内毒素という毒素を産生して顎の骨を溶かす、歯茎のコラーゲン成分を破壊するなどして進行していきます。歯は顎の骨に支えられて保持されています。細菌により骨が溶けることで歯を支える骨が少なくなるので歯にぐらつきが出てしまいます。また、細菌の毒素により腐敗臭が口臭として発生することも少なくないです。

歯周病と全身疾患の関係性

糖尿病

歯周病は歯が最終的に抜けてしまう病気ですが、口だけでなく全身にも悪影響を及ぼします。糖尿病を罹患している患者さんは歯周病を発症していると糖尿病が治りにくい、逆に糖尿病を罹患していると歯周病を発症しやすいと言われています。

他にも歯周病細菌を含む唾液を誤嚥してしまうことで誤嚥性肺炎を発症してしまうこともあります。肺炎は日本人の死因第3位の疾患です。

妊婦さんが歯周病を発症していると低体重児出産や早産の原因になります。

ご予約・お問い合わせ

03-3206-0648

【平日】9:00~13:00 / 14:30~19:00
【土曜】9:00~13:00 / 14:00~17:00
【日祝】休診

東京メトロ日比谷線・JR京葉線「八丁堀駅」徒歩3分
都営浅草線「宝町駅」徒歩3分
東京メトロ有楽町線「新富町駅」徒歩8分

〒104-0032 東京都中央区八丁堀3丁目12−8

診療時間
土曜午後は14:00~17:00